瑕疵担保責任 – 民法第570条

瑕疵とは欠陥とか傷などを指します

民法第570条・瑕疵担保責任 – かしたんぽせきにんとは、不動産の品質、性能に隠れた欠陥(瑕疵)があった場合、売主が買主に対して負う責任のことをいいます。

不動産売買契約の締結時点、その物件に既に隠れた欠陥・キズがあった場合、売主が買主に対して負う責任のこと。

売主が買主に対して負う責任とは、その瑕疵の修復をしたり、損害が発生した場合に損害金を支払うことをいいます。 売主が責任を負う期間は、民法566条では、買主が瑕疵を知ってから1年以内としています。

買主が知りえない瑕疵とは、例えば、住宅であれば表面に現れていないシロアリ被害や雨漏りなどはこれに該当します。

宅建業法では、売主が不動産会社の場合は、引き渡しの日から2年以上とする特約を除き、民法より不利な特約は結べないことになっています。

任意売却物件の場合、売主にお金が無いため、瑕疵担保の責任を負わせることは事実上不可能となりますので、瑕疵担保責任免責という特約を付けての契約が多いようです。