競売-明渡料

明け渡し料
別名、立退料・引越代とも言います。
その昔は、その筋の方々が競売で落札された物件にわざわざ住み着いて高額な明渡料を要求していたことが頻発しておりました。 しかし、競売に関する法改正もあって、買受人の立場が厳格に保護されましたので、強制執行が容易にできるようになったのも、その理由です。 加えて、買受人によっては、話し合いの交渉すらない応じないこともあります。

競売とちがい任意売却の場合であれば、多少なりとも明渡料・引越し代の取得には見込みは有ります。 引っ越し費用の捻出交渉は、任意売却を依頼した不動産会社が、代理人として、債権者に対して、交渉します。 もちろん、任意売却の場合であっても、必ず引っ越し費用の確保が確約できるわけではありません。 近年、債権者が引っ越し費用を認めなくなってきた傾向は確かにあることは事実です。