開札期日 – 競売の開札期日

競売の開札期日

裁判所が入札書を開封して、一番高く買ってくれる買受希望者(最高価買受申出人)を決める日、つまり落札者が決定する日です。

入札期間経過後、公告に記載されていた開札期日に裁判所内で公開のもと、開札が行われます。 落札者が納付した保証金は、そのまま裁判所が預かりますが、その他の入札者の保証金は返還されます。

法的には開札の前日までであれば、競売を取りさげることが出来るとなってはいますが、実際問題この時点で任意売却 に応じてくれる債権者はほとんどいません。

この開札期日の前日までに決済(お金の支払い)が完了出来るスケジュールでないと任意売却には応じないこという債権者(抵当権者)が圧倒的に多いのが現実のようです。