任意売却か競売か

競売で自宅を処理するのか、任意売却でマイホームを処分するのか?
ハッキリ言って、ケースバイケースとしかお答えのしようがありません。  競売になってしまうのか任意売却で行けるのかは債権者の考え方一つです。

債権者は1円でも多くのお金を回収したいのです。 したがいまして、競売の方が高く売れとなれば当然な成り行きで競売が選択されます。

返済が滞るまでは仏のような銀行の担当者は、もう、そこには居ません。

任意売却業者は任意売却で処理できて、初めて報酬がもらえるので、競売に傾いている流れを任意売買がわに引き戻す交渉を行うのです。

競売で処理されても、任意売却で処理されても、返済仕切れない残りのローンは不良債権という金融商品となって回収業者間をさまようことになります。 不良債権となった金融商品は、1億円の債権とか1千万円の政権とか100万円の債権とか10万円の債権等を一山いくら状態で売りに出されるので。 その不良債権の山を買った業者が返済を迫って来るのです。

競売後、任意売却後に残りのローンの返済を求められている場合には、任意売却を処理した業者とか弁護士さんなどに相談をしてください。