仮差押え

金銭の債権を持つ人が、将来、競売などの強制執行が出来なくなることを防ぐために、債務者の財産を暫定的(一時的)に押さえておく手続きのことです。


債務者が売却したり不動産を名義変更などしたりして財産が失われないように現状を維持しておく目的のための処置。


仮差押の対象が不動産の場合は、登記簿に記入され、勝手に処分することは制限されます。 ただし、仮差押の目的物を売却することは法的には可能です。 しかし、その物件の購入者は、後に本執行を受けた時に、不動産が競売されて所有権を失うことになります。


仮差押は本差押と同様に不動産、動産、預金口座、債権、有価証券、等々が対象となります。 場合によっては給料を仮差押する債権者もあるようです。


仮差押え

差し押さえとは、債権者の権利の実現のために、国が債務者に、財産(不動産、動産、債権)の処分を禁止することをいう。 原則として強制執行(競売や強制管理)に入る前段階の措置として行われる。


簡単に言ってしまうと、差押とは、お金を貸した人が、「借金を返してくれないから、この不動産を競売にかけて、その代金をもらいます。」ということを登記簿に登記しているとお考えください。 そして、これ以降、勝手に差し押さえられた財産を処分することが出来なくなります。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


フリーダイヤル

携帯電話/PHSからでもかけることができます。

0120-105-735

ご相談は無料です! ご納得いくまで何度でもご相談ください。


仮差押えと連帯保証人

連帯保証人は、単なる保証人と異なり、債権者に対して、まず主債務者に請求してくれと主張したり(催告の抗弁、民法452条)、まず主債務者の財産に執行するように言ったり(検索の抗弁、民法453条)することができません(民法454条)。 つまり、債権者はどちらに対して支払の請求をしても良いことになります。


主たる債務者が支払を怠った場合、そして連帯保証人の方が資力(返済能力)がありそうだと思えば、いつでもいきなり連帯保証人に請求することも可能です。


連帯保証人が、主たる債務者の不動産等を競売したり、他の財産を差し押さえた後に来てくれと主張をshても通用せず、債務者より先に差し押さえを受けることもあり得ます。 このあたりは債権者の考え方次第ですので、債権者とも誠意もった話し合いも必要です。 逃げてばかりいると、いきなりあなたの銀行口座を調べて仮差し押さえ(凍結)されたりしますので注意が必要です。


最悪のシナリオでは、連帯保証人が返済能力が無いと自己破産をしなくてはならない状況になるケースもあります。


求償権

求償権とは、民法459条 - 保証人が主たる債務者に代わって貸金等を支払った(返済した)場合には、支払った分は後に、主たる債務者に対して返してくれるように請求できる権利です。


主たる債務者に代わって、複数いる連帯保証人のうちの一人が債務の履行をしたのであれば、その全額負担した連帯保証人は他の連帯保証人に対してその負担分を求める事ができます。 あらかじめ、その負担分を決めてあればその決めた割合で求償します。決めてない場合には、連帯保証人の数で割る(平等)のが一般的です。


仮差押えに対抗するには

仮差し押さえの場合、申し立てる側の一方的な証拠のみでほぼ1日で決定するため、申立人が出す証拠の中に「不動産」と記載してあれば、よほど慎重な裁判官でもない限り、通過すると思われます。


仮差し押さえされると経済的打撃を被る可能性が有るために、対抗手段が用意されています。それが「保全異議(民事保全法26条)」です。


保全異議とは何かというと、保全命令の申立が決定された場合、不服のある債務者(たぶん貴方)が、保全命令を発した裁判所に対してその保全命令の取消または変更を求める不服申立ての制度のことです。


司法関係者にご相談なさってくださ!

仮差押え、差押えの取り下げ等に関するご相談は弁護士・司法書士にご相談ください! 私たちは不動産業者です。 法的なご相談にはお答えできません!


   日本弁護士連合会


   法テラス


   日本司法書士会連合


任意売却

住宅ローンの支払いが出来なくなってしまって、仮差押えを受けてしまっているのなら、任意売却でマイホームの処分をしませんか?


仮差押え通知が届いて、なにも行動を起こさないでいると、競売となってしまいます。


期限の利益の喪失相談センターへご相談ください。
フリーダイヤル : 0120-105-735