SiteTop > 競売の通知

約10ヶ月後には立ち退きを命じられてしまいますよ!

この担保不動産競売開始決定通知を何もせずにこのまま放置して置くと、約7ヵ月後には、競売によって誰かに落札されます。


この通知を受け取って約10ヵ月後には、新しい持ち主に立ち退きを迫られることになります。


競売後にも引き続き、残る住宅ローンという借金・残債務の返済は迫られます。


競売開始通知

平成 ○○ 年( ケ )第 ○○○ 号


 

担保不動産競売開始決定通知


当事者 別紙目録のとおり


担保権 別紙目録のとおり


被担保権者 別紙目録のとおり


請求権者 別紙目録のとおり



債権者の申立により、上記請求債権の弁済に充てるため、 別紙担保権目録記載の担保権に基づき、 別紙物件目録記載の不動産について、 担保不動産競売手続きを開始し、 債権者のためにこれを差し押さえる。


平成 ○○ 年 ○○月 ○○日


○○地方裁判所第50民事部


裁判官 ○ ○ ○ ○





債権者が提出した民事執行法181条1項から3項までに規定する文章の目録上記担保権の登録されている登記に関する登記事項証明書


居留守を使っても無駄です

住宅ローンの融資を受けている人が返済の滞納を引き起こした場合には、銀行など金融機関が担保で取ってある不動産を差押え、現金化するために、その不動産の競売を申立てをします。


しかし、任意売却とはその不動産を競売で処分されるのを待つのでは無く、ローンの滞納者が各銀行さんの合意の基、競売よりも有利な条件で、その不動産を売却することを言います。


その際に、諸々の条件さえ整えば、競売の開札期日の前日迄に競売を取下げ、任意売却することが出来ます。


地方により多少時間のズレは有りますが、この競売の通知が手元に届いてから、約10ヶ月後には立ち退きとなってしまいます。 競売の流れをご参照ください。


時間との競争になります

裁判所から執行官が来てからは競売に向けてまっしぐらに突き進んでおります。


競売の入札の通知まで、約4ヶ月しかありません。 任意売却に切り替えるのなら未だチョットだけ時間は残されております。


ここまで来てしまっておりますので、後は人生の立て直しに向けて進むべきではないかと考えます。 競売ですと終わった後にも金銭的は負担がかかってきますので、任意売却に切り替えてください。


任意売却、私たちはお手伝いいたします!

任意売却の場合は、私たちが債権者と終わった後の返済条件・返済額の交渉・お願い事をいたします。


そして、債権者に月々5千円とか1万円とか2万円での返済を認めて貰うのです。 この位の額であれば、ご依頼人の人生の再スタートに無理がかからないと考えるからです。


この通知が届いているのなら、任意売却をご提案申し上げます!

どちらを選択しても住まいを失うことにはなります。
しかし任意売却であれば貴方にとっては嫌な交渉ごとは全て当社が行うことになるのです。 例えば、引越費用の交渉がそうです。 住まいを取られた後々の返済仕切れない住宅ローンの返済条件の話し合いがそうです。


携帯電話/PHSからでもかけることができますのでお気軽にお問い合わせください。 埼玉県任意売却センター:フリーダイヤル:0120-105-735