一般媒介契約

不動産を売る人(売主)が不動産会社に売却先探しを依頼(仲介)する際に結ぶ媒介(仲介)契約のひとつです。

媒介(仲介)契約は、不動産会社に依頼する業務の方法や仲介手数料額などを明らかにするための契約です。 媒介(仲介)を依頼する際はこの契約の締結が宅地建物取引業法によって義務付けられています。

一般媒介契約は、専任媒介契約と異なり、同時に複数の不動産会社に仲介を依頼することができます。  また、不動産会社を通さずに売主自身で買主を探すことも可能です。  この一般媒介契約に有効期限はなく、REINS(レインズ)への登録義務もありません。 不動産会社が依頼先に業務の実施状況を報告する義務もありません。 (一般媒介契約は不動産流通機構のサイトへの登録は義務化されておりません)

一般媒介契約だと幅広く買い手を探すことができそうな媒介(仲介)契約に捉えがちですが、依頼を受ける不動産会社にとっては(専属)専任媒介契約に比べるとメリットの極めて低い依頼となるため、買い手探しに本腰を入れてもらいにくいという難点があります。

一般媒介契約のほとんどが不動産を売る側の売主側よりの希望です。 不動産業者側からすると、いかなる場合でも、専属、専任媒介契約を結びたいという思いがあります。

一般媒介契約を行った場合、売り主であるあなたは恐らく複数の不動産業者へ依頼することになるかと思います。 しかし、不動産業者からしてみれば、自分たちと同じようにあなたと媒介契約を結んでいる不動産業者が沢山いるということにデメリットを感じます。 デメリットの方が作用するケースが生じるので、真剣に物件の売買のお手伝いをしようとしないケースが非常に多いのです。

不動産の販売には一般の方々が考える以上の広告費・経費が掛かります。 高額な広告費をかけて宣伝を行ったはよいが、その依頼された物件が他の不動産業者により売却となることも有り得ます。 そうなると広告費をかけた業者のみが大損を被ります。 したがいまして一般媒介契約の物件に対しては他社が売ったら売ったでオッケー。 自社で売れたらラッキーという程度でしか扱われないレベルです。