オーバーローン担保不足

ここで扱うオーバーローンは不動産売却時に生じるケースを説明します。

自宅を売却しても借りている住宅ローンが残るこことをオーバーローン(担保不足)といいます。

住宅ローンを組む際には必ず担保が必要で、担保になる物件はローン返済が困難になった際に売却されますが、多くの場合では残るローンとの相殺はされません。 ほとんどのケースがオーバーローン状態なのです。

オーバーローン状態では不動産の売却は出来ません。 そこで金融機関はローン保証会社に全額の返済を売主に求めることになります。 そしてローン保証会社は、その物件を競売ないしは任意売却によって代理返済した金額の回収にかかります。