任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンの滞納などにより競売の対象となる不動産を競売開札までに、住宅ローン債務者と債権者の合意を得て取引を成立させることです。。
ローンの不払いが約3ヶ月 ~ 6ヶ月前後(金融機関により異なります)の督促期間に支払いが出来ない、もしくは返済いが困難であるとされた場合、債権者(銀行等の金融機関)は担保不動産の差押さえや、その不動産競売の申立てを行います。

不動産競売の申立てが行なわれると約3ヶ月 ~ 1年以内に競売入札が行なわれます。ご周知の通り、競売よりも一般の不動産市場の方が高い値段で売却できます。 市場より低い価格で落札されれば、それでけ多くの債務(返済義務の有る借金)が残ります。

出来る限り市場価格近くで売却するための活動が任意売却です。
理論的には、任意売却の活動は、競売入札後の『開札日前日』まで行なえますが、現実問題として、多くの金融機関では開札期日間近の任意売却の申し出は拒否をして来ます。

銀行に残るローン全額が返済出来る場合

上記の図のようなAさんの場合には、残る住宅ローンよりも売買価格の方が高いので、全額を銀行に返済出来るので何ら問題は有りません。

不足分を自分で用意して全額が返済出来る場合

上記の図のようなBさんの場合には、残る住宅ローンよりも売買価格の方が低い場合、差額分をご自分でご用意または、買い換えによる買い換えローン等で補填出来る場合にも問題は有りません。

任意売却という方法で処分をご提案

不動産を売却する際には、その不動産に付いている抵当権を抹消しなければならない事が原則ですから、上記Cさんの場合には500万円を用意しないと抵当権を外してもらえません。

特に住宅ローンなどが行き詰まっている方々の場合には差額の補填は実際問題としては不可能です。 売買代金の差額を埋めることができないような場合には任意売却を考えてください。

 

相談エリアについて

当社は埼玉県および近郊のエリア限定で任意売却のサービスを提供させていただいております。
日本各地よりお問い合わせを頂きますが、サービスの質を落としたくないため埼玉県限定とさせていたいております。

埼玉県および埼玉県に隣接するエリアに不動産を所有の方で、住宅ローン返済に問題が有る方、何でもご相談ください。