担保不動産競売開始決定

担保不動産競売開始決定
この担保不動産競売開始決定通知を何もせずにこのまま放置して置くと、おおよそ7ヵ月後には、競売によって誰かに落札されます。

この担保不動産競売開始決定通知を受け取って約10ヵ月後には、新しい持ち主に立ち退きを迫られることになります。   競売後にも引き続き、残る住宅ローンという借金・残債務の返済は迫られます。

 

================================================

平成 ○○ 年( ケ )第 ○○○ 号

担保不動産競売開始決定通知

当事者 別紙目録のとおり

担保権 別紙目録のとおり

被担保権者 別紙目録のとおり

請求権者 別紙目録のとおり

債権者の申立により、上記請求債権の弁済に充てるため、 別紙担保権目録記載の担保権に基づき、 別紙物件目録記載の不動産について、 担保不動産競売手続きを開始し、 債権者のためにこれを差し押さえる。

平成 ○○ 年 ○○月 ○○日

○○地方裁判所第50民事部

裁判官 ○ ○ ○ ○

================================================

債権者が提出した民事執行法181条1項から3項までに規定する文章の目録上記担保権の登録されている登記に関する登記事項証明書
=================================================

これは債権者(金融機関またはローン保証会社)からの競売申し立てに基づき、裁判所が「競売の手続きを開始するとともに不動産の差し押さえをした」という通知です。 差し押さえの事実は不動産の登記記録に残され、第三者にもそれが分かるようになります。

この通知が届く頃から、見るからにそれと分かるような競売業者が十数人、以上も押しかけてきます。 ご近所にもあなたの家が競売になったことが知れ渡ります。

この通知を受けてから1~2ヶ月ほど経つと裁判所執行官による現況調査が行われます。

これは法律に基づく強制的なもので、あなたが協力しなければ裁判所の権限で専門業者に
よって解錠されたうえ、勝手に中に入って調査が進められます。

それからしばらく経つと、裁判所から今度は期間入札の通知」が届きます。 これは競売の入札期間/開札期日/売却決定期日などを定めたものです。 そこに書かれたスケジュールに従い、競売の手続きがどんどんと進んでいってしまいます。

担保不動産競売開始決定通知を受領後は時間との闘い
特に、裁判所から執行官が来てからは競売に向けてまっしぐらに突き進んでおります。

競売の入札の通知まで、おおよそ4ヶ月しかありません。 任意売却に切り替えるのなら未だチョットだけ時間は残されております。

ここまで来てしまっておりますので、後は人生の立て直しに向けて進むべきではないかと考えます。 競売ですと終わった後にも金銭的は負担がかかってきますので、任意売却に切り替えてください。

このまま競売で進んで良いのか任意売却に切り替えた方が良いのか?
どちらが有利かは一概には言えません。 また、競売にかけて債権者の考えも有ります。 任意売却に切り替えたくても拒否られることも往々にして有ります。 競売の方が長く、そこに住んでいられます。 が、競売後の返済額は任意売却よりは多い場合が有ります。 競売で良いのか任意売却が良いのかの判断は正直な話、一概には答えられません。

 

離婚後の連帯保証人

離婚でもらったマンションに連帯保証人が住んでいる
私は去年2人の子供を引き取り離婚をしました。
離婚調停を行い、そして離婚した私は、離婚の条件として現在住んで居るマンションは貰ことにしました。 そして、そのマンションに子供と共に居住する。 マンションのローンは引き続き別れる夫が払うとい内容を夫に求め、元の旦那様もそれに同意をしました。

しかし数年後、元の旦のマンションローン返済が滞り、銀行より期限の利益の喪失予告通知が連帯保証人でもあった私に郵送されて来ました。

私は、元の旦那の携帯に電話を入れたり、旦那の実家に電話を入れたりしたのですが、捉まえることができませんでした。 勤め先に電話を入れても、既に退職をしているとの返事でした。 金銭的に興信所などを使い元の夫を捉まえることをお願いできるような余裕はありませんでした。

そうこうしている内にマンションローンの延滞は、既に滞納4ヶ月目に入り、銀行の担当者も頻繁に自宅をを訪れるようになったり、電話での催促も回数が増えて出してきておりました。

私たちがこのマンションを購入した際にお願いをしたことのある司法書士さんにお伺いしたところ任意売却を勧められました。 ですが、この元旦様が出てこないことには任意売却も出来ませんといわれたのです。 そして、元のダンナが出て来ない場合には、競売になると言われました。 私は、元夫の友人関係たちに連絡を取りまくりました。 この時点での私は、代位弁済が未だされておりませんので多少は時間は有ると言われました。

私はこの時点で、この司法書士さんが勧めてくれた任意売却の業者さんにも相談をしておりました。(ここから以降はは業者さんの文章となります)

任意売却のご依頼を受けて数日後、ご依頼人の父様から電話が入りました。 『私が、娘のために購入しても良いのですが。 あのマンションはいくら位ですかね? 2,000万円までなら用意しますけど。』と、お父様からの思いもよらない嬉しいご提案です。 しかし、所有者の元旦那様の署名捺印およびご本人確認が得られなければどうしようもありません。

そこで、購入希望者が現れたという事にして、○○銀行の保証会社である△△信用保証に連絡をし、購入申込書と返済金配分表をファクスしました。 3日後には、1,850万円で良いとの回答が得られました。

ご依頼人様のお父様に、債権者から売買の了承が得られた旨を連絡をすると、お金は用意してあるとの事。 これで、元旦那様が出てきてくれれば解決です。

ご依頼人にはローンの残債が発生してしまいますが、それほど大きな額ではないので、父親に払う賃料と合わせても、このまま子供達と共に今のまま暮らして行くことができます。

それから半月ほどして、裁判所より競売開始決定の特別送達が送られて来ました。 ご依頼人にも、お父様にも、当社から事前に、事の流れ・届く書類などの説明が何度もなされていたので、ご依頼人達は全然慌てませんでした。

この競売決定通知が届いてから約1ヵ月後に、ご依頼人の執念で元旦那様の居場所を見つけることが出来ました。 元旦那様が元の職場の同僚に電話をした際に、元の奥さんが困っていると伝えてくれて、それで電話をして来たのだそうです。

当社のスタッフがこの元旦那様を司法書士の元に連れて行き本人確認を済ませ、委任状に判を押させました。 元旦那様が決済時に現れなかった場合を想定して用意する書類は用意し、用意周到に事を進めました。

案の定、元旦那様は約束をしてくれたにもかかわらず、決済の日にはとうとう姿を現しませんでした。 ですが、無事に決済は終わり、ご依頼人とお子様達とこのマンションに引き続き住むことが出来、お父様も安堵なさっておりました。

競売後の残債務の返済義務

私は競売後の返済を拒み逃げ続けています

今思えば、任意売却に協力していれば良かったと後悔してます。

相談センターさんに任意売却をお願いしたのですが・・、その当時は怖い系の金融屋さんにも借金をしていたので電話恐怖症でした。 携帯にかかって来る電話には誰からであろうと一切応答しませんでしたし、かけ直しもしませんでした。 気が向いた時だけ、町の公衆電話から電話を入れるだけでした。 怖い系の方々の取り立てのキツさに耐えきれなくなってある晩、私は一瞬の隙ついてその自分の家を飛び出しました。 女房を一人放って逃げ出してしまいました。

後から聞いた話ですが、女房はこの任意売却相談センターさんに電話を入れて助けを求めたそうです。 相談センターさんが、弁護士さんと共に女房を連れ出しに行ってくれたとのことでした。 女房は女房の母方の実家にしばらく身を寄せていたそうです。 私は、日本国中をあてもなく彷徨っておりました。 現在は都内で隠れて生きております。

女房のことが心配で、それと任意売却をお願いした家はどうなっているのか知りたくて時々、相談センターさんに電話を入れておりました。 女房が任意売却を依頼してはいたのですが、その時点では私が見つからなかったために自宅は競売となってしまいました。

当然のことですが、女房からは離婚を求められておりました。 女房と日時を合わせ、この相談センターさんの顧問弁護士さんの事務所で会い、離婚届に記名捺印をすることになったのです。 ところが女房は現れませんでした。 私の顔も見たくないとのことでした。 それも当然と言えば当然です。 今、思えば、任意売却をしておけば女房に僅かながらでしょうがお金を渡すことが出来たと思うと少し悔しいです。

競売が終わって約3年半が経ちました。 後1年半で時効です。 ですが、逃げ回る生活は正直言って疲れます。 私の場合には怖い系の借り入れが有るので時効は無いので逃げなければいけないのですが。 競売後、返済仕切れないようだったら自己破産をすべきです。 逃げる生活を選択するのは止めておいた方がよいですよ。

上記の文章は、久々に弊社を訪ねてこられた元のご依頼人さんに現況を語ってもらいました。