オーバーローン担保不足

ここで扱うオーバーローンは不動産売却時に生じるケースを説明します。

自宅を売却しても借りている住宅ローンが残るこことをオーバーローン(担保不足)といいます。

住宅ローンを組む際には必ず担保が必要で、担保になる物件はローン返済が困難になった際に売却されますが、多くの場合では残るローンとの相殺はされません。 ほとんどのケースがオーバーローン状態なのです。

オーバーローン状態では不動産の売却は出来ません。 そこで金融機関はローン保証会社に全額の返済を売主に求めることになります。 そしてローン保証会社は、その物件を競売ないしは任意売却によって代理返済した金額の回収にかかります。

競売

競売を中止させる
競売とは、住宅ローンなどのお金を借りた方が返済の約束を守らなくの返済をしなくなった時に、お金を貸してくれた債権者が貸したお金を返してくれないので、取ってある担保を強制的に売却をして現金化したいので裁判所に申し立てることです。 それによって担保(質草)として提供を受けていた不動産や債務者の財産を差し押さえて、裁判所の権限によって強制的に売却をし、その売却代金から支払いを受け、債権(貸したお金)の回収に充てる手続きです

競売を止めさせる
競売を中止させることは、競売を申し立てた側からしかできません。 競売を申し立てられた側は、申し立てた側に対して『どうすれば競売を止めてくださるの』かお伺いを立てなければなりません。